迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » ケース別の不用品回収マニュアル  » 店舗回収

店舗回収

このページは、店舗回収を不用品回収業者が行う際のポイントについてまとめてあります。

不用品回収の一種、店舗回収とは

休業や閉店、移転などで在庫整理などが発生する店舗回収。専門業者を活用すれば、廃棄処分ではなくリサイクルに回すことができます。

店舗にある什器や備品は、自治体による粗大ゴミ処分を利用することはほぼ難しく、専門業者に依頼しなければ処分できない物ばかりです。

しかし、専門業者による処分となると廃棄扱いになります。まだまだ使える物だったとしても、ゴミとして処分されてしまいます。

そこで店舗回収の際に、廃棄処分する専門業者ではなく、まずは不用品を回収する業者に問い合わせてみてはどうでしょうか。専門業者で廃棄処分扱いされたものが、買取扱いとなる可能性もあります。

とくに、在庫は本来売るはずだった物なので、廃棄の判断をたやすく下してしまうのはどこか心苦しいところです。

もちろん、正規価格で売ることが一番良いのですが、事情によって在庫処分せざるを得ない場合、少しでも買い取ってもらえるよう不用品回収業者に査定をしてもらうのが良いでしょう。

業者選定時に注意したい点は、店舗の不用品回収をしたことがあるのかどうかです。

個人がメインのお客さんの業者だと店舗回収のノウハウがなく、適正な買取査定をしてもらえない可能性があります。

本来買い取ってもらえる物が廃棄扱いになってしまうのは不本意です。問い合わせ前に店舗回収の実績があるのか、確認をしておきましょう。

店舗の不用品回収を業者に依頼するメリット

前にも述べているように、時間や労力の削減に繋がることに加えて、在庫処分を廃棄ではなく買取になる可能性があることです。

さすがに生物は難しいですが、それこそ店舗で使用していた店舗什器は不用品とはいえ、新たに店舗を開店しようとしているオーナーにとっては非常に魅力的な物です。

全てを廃棄処分せずに、まずはリサイクルに回す道を選ぶためにも、店舗での回収実績のある不用品回収業者にまずは相談してみましょう。

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ