迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » ケース別の不用品回収マニュアル  » オフィス移転

オフィス移転

このページでは、オフィス移転で発生してしまう不用品について、回収業者へ依頼する利点などを掲載しています。

オフィス移転時の不用品回収の流れ

新しいデスクやイスにしたり、今まで使用していたホワイトボードを新しくしたりと、オフィス移転時にはオフィス用品の入れ替えがつきものです。

移転の計画時に、移転先のオフィスに関してのみ目が行きがちですが、新しいものに変えた場合に生じる不用品をどうやって処分するかについても、目を配らせておく必要があります。

不用品処分を依頼するには、全体の移転計画を外部委託するか否かで対応は変わります。

外部委託をする場合は全て任せられるので、不用品処分に関してこちらで業者選定をする必要はありません。どれが不要でどれが必要かを選別するだけで良いです。その代わりに金銭的コストはかかってきます。

一方、いわゆる引越しの部分だけ業者に依頼する場合は、移転業者に全て任せるか、業者を移転と処分とで分けるかでコストは変わってきます。移転業者1社に任せられるのであれば、コスト削減につながる可能性があります。

コスト計算をしつつ、どの部分をどの業者に依頼するかはじっくり検討しましょう。

オフィス移転時の不用品回収を業者に依頼するメリット

オフィス用品を処分するとなる場合、膨大な量をさばく必要が出てきます。それを社員にさせるとなると、社員が負担する余計なコストが発生します。

家族的な会社経営をしているのであれば、社員が全て対応するのでも良いと思いますが、もし、平日に移転するとなればその間の業務はストップします。

平日の移転はめったにないと思いますが、夜間や休日の移転になると残業や休日出勤の扱いともなるので、その分の賃金が発生します。会社の経費が増えるし、家庭のある社員にしてみれば負担は相当なもの。会社にも社員にも、利点はありません。

ともなると、オフィス移転は業者に依頼すべきだと言えます。

また、会社がリースでなく自前で所有していたオフィス用品は、多くのケースでリサイクルに回すことができます。

オフィス移転の不用品回収をやりながら買取も行う業者は世間にあります。良い業者を通じて少しでも買取に回すことで、移転時の資金に充てることも夢ではありません。

オフィス移転で不用品が出る前に、まずは聞いてみましょう!>>

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ