迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » ケース別の不用品回収マニュアル  » 遺品整理

遺品整理

このページでは、不用品回収の一つである遺品整理について解説していきます。

故人が残した遺品整理の流れ

遺品整理とは、お年寄りが亡くなった後に残る家具などを不用品として、業者などに依頼し回収してもらうことです。昨今問題の、増加し続けるお年寄りの一人暮らしが由来しています。

昔のように親子孫三世代で一つ屋根の下に住んでいれば、このようなことは滅多に起きませんでした。現代の核家族化の進行で、遺品整理のニーズは高まるばかりです。

また、遺品整理は廃棄にあたり「家電リサイクル法」などに代表される細かな関連法規があるため、一般人にとって手間がかかるのが現状です。

このような背景から、プロの遺品整理業者に依頼するケースは増え続けています。遺品整理を業者に依頼する場合、一般的には下記のような順番で進んでいきます。

1.業者選定/問い合わせ

2.業者による回収場所の確認/見積もり

3.回収作業

遺品整理を業者に依頼するメリット

大切な故人のことを思って自分でやった方が良いと思う人もいますが、単身生活をした家をまるまる整理するのには多くの人手を必要とします。

また、仕事の都合上まとまった時間が取れなかったり、遠方に住んでいたりする場合、部屋の片づけが容易にできないでしょう。

そのため、形見のように大切にする物や故人を偲ぶ物以外は、プロの業者に依頼するのが体力的にも精神的にも負担が少なく済みます

遺品整理を利用したことがある人からは「関連法規を熟知したプロの業者だからこそ、無駄のない対応をしてくれて助かった」といった声や、「亡くなってから悲しむヒマもないぐらい、手続きや親族やお世話になった方々への対応で疲れきっていたなか、自分では対応できないと感じていたので良かった」といった体験談を聞きます。

また、遺品整理の際は故人のために供養もしてくれる業者もあります。業者による遺品整理は、今でこそ一般的になりつつあり安心して利用できるでしょう。

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ