迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » 知っておきたい不用品回収の基本 » リサイクル家電と家電リサイクル法

リサイクル家電と家電リサイクル法

このページでは、リサイクル家電と家電リサイクル法との関係や詳細について、説明しています。

リサイクル家電を処分する際は注意【家電リサイクル法との関係】

特定家庭用機器再商品化法をご存知でしょうか。

通称「家電リサイクル法」と呼ばれている法律です。家電を処分する際に一般ゴミと同じような処分はできず、原則リサイクルに回さなければならなくなりました。なので、不用となった家電を簡単に処分できなくなりました。

一般的な処分方法は大きく分けて2つ。購入した店舗に引き取ってもらうか、特定の業者に引き取ってもらうかです。

家電を処分するタイミングはだいたいが買い替え時によるものなので、その時に合わせて引き取ってもらうのがベストです。ほかには業者に引き取ってもらったり、リサイクルに回したりするのも一案です。

現代の家電はそう簡単に壊れず、価格が安ければ中古品でも構わないと思う人が多々います。そのため、家電を処分する際は引き取りよりも、リサイクルしてもらうことを前提にした方が良いのではないでしょうか。

とはいえ、壊れて使い物にならない家電を処分したいならば、不用品回収業者に引き取りを依頼する流れでしょう。家電の引き取りはだいたいの業者が対応してくれます。

家財道具と比較して、引き取りの料金が割高に感じてしまうかもしれませんが、こればかりは法律の関係でどうしようもないのが現状。それでも、重たい物をわざわざ運ぶ手間を考えれば、業者に直接家から運んでもらった方が良いと思います。

リサイクルとして買い取ってもらうことを狙うならば、普段から家電のメンテナンスを行い状態をキレイに保つことが大事です。現役でまだまだ使える状態であれば、スムーズに買い取りが進みます。

いらなくなった物、使用することがなくなったものの廃棄するのはもったいない物など、不用品をどのように処分するかは悩ましいところです。

不用品回収業者に依頼すれば、廃棄処分扱いになることが多くエコロジーの観点からはネガティブな場合も。そこで不用品回収業者だけでなく、リサイクルショップを活用することも選択肢に入れてみませんか。

リサイクルショップは中古買取販売を専門としている業者です。使用できる物であれば、廃棄処分とせず買い取ってくれます。ただし、買い取ってくれるといっても、大きな売却益を得られると期待しないようにしましょう。

普段の心掛けで得することも!リサイクル家電の処分について>>

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ