迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » 知っておきたい不用品回収の基本 » 料金についての留意点

料金についての留意点

ここでは、不用品回収の業者へ支払う料金について、留意しておくべき点をまとめています。

不用品回収の料金について留意点

不用品回収を業者に依頼する際に気になるもので、最もウェイトを占めるのが「回収料金」についてだと思います。実際に支払う料金が確定するまでどのような流れなのか、改めて説明しましょう。

まず、各業者に問い合わせるときに業者のWebサイトをチェックしますが、そこには目安の料金が紹介されています。例えば、ベッドの回収だったら◯◯円〜、遺品整理であれば◯◯円〜といった形で提示されています。

そこで、料金の目安を確認して見積りを依頼することになりますが、まだこの段階では料金は確定しません。

見積りを依頼する方法としては2通りあります。問い合わせ時にWebサイト上で見積りを依頼する方法と、回収現場に来てもらって見積りを出してもらう2つが一般的です。

これらの方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

Webサイト上で見積りを依頼する場合は、複数業者を簡単に比較することがメリットです。インターネット上で行うため簡単にできますし、回収する物がハッキリしている場合は非常に有効的です。

一方デメリットとしては、業者が実際に現場で作業を開始する際、見積りの内容と作業内容が乖離してしまうケースが少なからずあることです。

ゴミ屋敷や遺品整理といった分量が読みづらい場合は、こちらが想定していたよりも作業内容が上下する場合が考えられます。

また、現場にきて見積りを出す方法では、現場を見ながら担当者と交渉できるため、より精度の高い見積りを出すことができます。

想定から大きくずれることがなくなるため、規模の大きい回収作業を依頼する際には有効的です。

デメリットは現場まで来てもらうため、もし満足できない業者だったとしても、作業をその場で押し切られてしまうケースが少なからずあります。

Webサイト上で料金目安を見つつ、小規模であればWebサイト上で見積り取得、大規模であれば現場で交渉しながら見積りを取るといった使い分けが良いでしょう。

もちろん、現場で交渉する際には断ることができることを前提に進めることで、失敗なく回収作業を進めることができるはずです。

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ