迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » 行政の粗大ごみ引き取り » メリットとデメリット

メリットとデメリット

このページでは、行政の粗大ごみ回収には、メリットもあればデメリットもあることを説明しています。

行政による粗大ごみ回収のメリットとデメリットとは

粗大ゴミ回収を行政に依頼することのメリットとデメリットについて、ここでおさらいしておきましょう。

メリット

なんと言っても行政サービスは、行政が委託している業者が回収を行うため、このホームページでも説明している悪質な業者に引っかかる心配がありません。

費用面でも、民間の回収サービスに直接依頼するより代金が安くすみます。

自治体によって様々ですが、基本的には専用のフォームから申し込みをします。続いて回収用のステッカーのような物を購入し、指定の期日で指定の場所に粗大ゴミを出しておけば、回収をしてくれます。

また、清掃センターなどに直接持ち込めば、いわゆる業者の出張費に該当するものがかからないため、さらに安くなります。回収期日に余裕があり、家の中から指定の場所まで運ぶ手間が苦にならないのであれば、行政サービスを利用することで、メリットを享受できるでしょう。

デメリット

一方デメリットは、家電リサイクル法に該当する不用品は粗大ごみに該当しないことです。そのため、行政の定義する粗大ごみの扱いから外れることが多々あります。

また民間の不用品回収サービスでは、家の中から直接回収してくれるのに対し、行政の場合は自分で指定の場所まで運ばなければなりません。

一軒家に住んでいたとしても玄関まで運び出すのは、結構大変な労力を必要とします。お年寄りの1人暮らしであれば、粗大ごみを持ち運ぶことは現実的ではありません。

また、行政サービスに依頼する場合は、原則平日の対応になります。仕事などの関係で土、日、祝日でなければ対応できない人は、行政サービスに依頼するのは難しいかもしれません。  

このようにまとめると、代金が安かったり時間や人手に余裕があるのであれば、行政サービスを利用するとメリットを享受できる半面、運び出したり時間的な融通が利く面では民間の不用品回収業者に依頼する方がメリットを享受できるでしょう。

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ