迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » 行政の粗大ごみ引き取り » 粗大ごみ回収とは

粗大ごみ回収とは

ここでは、行政による粗大ごみの回収について、民間業者と対比したうえで内容を説明しています。

行政と民間と粗大ゴミ回収はどちらに依頼するか

今でこそ民間業者による不用品回収が一般的になりましたが、昔は粗大ゴミも燃えるゴミと同じように、決まった日に行政に回収してもらっていました。

そもそも粗大ゴミに該当する物にはリサイクルできるものが多く、今では家財道具はリサイクルに回したり、不用品回収業者に引き取ってもらったりすることが多くなりました。現在でも粗大ゴミとして、行政を通じて処分することは可能です。

行政に頼んで粗大ゴミとして処分する場合、東京23区を例に挙げましょう。まずは専用の申し込み手順を踏み、粗大ゴミの目印となるステッカーを購入して不用品に付けます。次に指定の日に指定の場所に置き、回収してもらう流れです。

回収してもらう場合は、行政に委託された民間業者によって引き取ってもらいます。これなら、悪質な業者にひっかかることがないというメリットはありますが、指定の日まで空いてしまったり、何よりも自分で運び出したりするのが手間になります

また、回収してもらいたい量が多いときなどは、そう簡単にできるものではありません。

他には、清掃センターに持ち込んで処分するという方法があります。この場合は回収してもらうよりも料金が格安になるので、運べる環境が整っている人にはお勧めの方法です。

とはいえ家電については、家電リサイクル法の関係で行政が引き取ってはくれません。さらに運ぶ手間との兼ね合いを考えると、行政を利用するか民間を利用するか、実に悩ましいところです。

ここからはあくまでも一例です。物が多くて1人で対処できないようなときは、民間に依頼。一方、単品で1人でも問題なく運べる物で、回収日程に融通が利きそうな場合は行政に依頼する方法もあります。

粗大ゴミを捨てる機会はそう多くありません。行政に頼むでも民間でも、処分方法はしっかりと知っておきたいところです。

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ