迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » 行政の粗大ごみ引き取り

行政の粗大ごみ引き取り

このカテゴリでは、行政による粗大ごみ回収について、民間の不用品回収業者との兼ね合いから説明していきます。

リサイクルの考えが当たり前になった昨今、粗大ごみを積極的にリサイクルに回すように促されています。

そのためか、昔は家庭から出る燃えるゴミなどの回収と同じように、粗大ゴミの回収の日も月に1〜2回はあったものです。

それが今ではなくなってしまいました。

粗大ごみの回収は、今では行政に別途申し込みをして指定された期日に回収してもらう必要があり、有料の行政サービスとなっています。

行政に粗大ごみの回収をしてもらうのと、民間の不用品回収業者に回収を依頼するのでは、代金や手間のかかり方などの面でメリット・デメリットが存在しています。

行政に頼むならば料金が比較的安くなる半面、土日の回収が原則ないうえに、自らが玄関の外や指定の場所に運び出さなければなりません。

回収してほしい物が1つであれば簡単ですが、複数個になるとどうでしょうか。行政サービスに依頼したとしても、運び出しなどで大きな負担になります。

民間の不用品回収業者に粗大ごみを回収してもらう場合は、行政サービスの逆のメリット・デメリットを受けることになるでしょう。粗大ごみをどのように処分するか、状況に応じて使い分ける必要があります。

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ