迷わず選べる、恐れず頼める東京の不用品回収業者一覧

1位 アームコーポレーション 2位 株式会社エコアース 3位 ダストマン回収センター
回収スピード ○ ◎ ◎
対応の柔軟性 ◎ ◎ ◎
保証 ◎ △ ○

不用品回収業者ガイド【東京編】 » 不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

不用品回収ともはや切っても切り離せないのが、リサイクルをはじめとする「Re」の概念です。

家電リサイクル法は、ごみを捨てる際の細かな分別ルール。環境に配慮してつくられたことは言うまでもありません。

ちなみに「リサイクル」という言葉は、日本でも前々から耳にされてきましたが、欧州では3R(4Rもある)の考えが浸透しています。近年になって日本でも、3Rが徐々に拡がりってきました。

それでは3Rとはどういうものか、以下に説明をしていきます。

3Rは、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つの英語の頭文字を表します。それぞれの意味は次の通りです。

  • Reduce(リデュース)

使用済みになったものをなるべくごみとして廃棄しないように、ものを製造・加工・販売すること

  • Reuse(リユース)

使用済みになったものの中で、もう一度使えるものはごみとして廃棄しないで再使用すること

  • Recycle(リサイクル)

再使用できないもの、または再使用された後に廃棄されたものでも、再生資源として再生利用すること

3R活動とは、3つのRに取り組むことでごみを少なくし、ごみの焼却・埋め立て処分による環境への悪影響を極力減らして、地球の限りある資源を有効に、かつ繰り返し使う社会(=循環型社会)をつくろうとするものです。

この3Rの考え方を基にすれば、不用品となった物を何も考えずに廃棄処分するのは誤りです。

フリーマーケットやネットオークションなどでの再使用や、不用となった物に含まれる原材料を再利用と、ごみをごみとして扱わない行動を取るように、世間ではなってきています。

特に日本は戦後、急速な成長を遂げ続け、世界の大国へと仲間入りを果たしました。人々は豊かなものづくしになり、生活水準は上がる一方となります。

でも、生活レベルが右肩上がりになる半面、日本は大きな代償を払うことになりました。

それは、環境からの「しっぺ返し」とでもいうべきものでしょう。

世の大量消費に追いつくべく、工業は猛スピードで駆け抜け続けてきました。いや、現代においてもなんら変わりはありません。

結果、公害の発生さらに人体への悪影響と、あってはならないものを日本人は生んでしまったのです。

環境からしっぺ返しをくらわないよう、人間は何をすべきか?簡単なことです。一人ひとりが環境をいたわる以外にありません。

近年では、不用品回収業者にも3Rが広まってきています。エコのことを考えて回収しても無闇に廃棄処分しない。さらにはリサイクルショップに出したり、海外の途上国などに輸出したりするなど、ごみにしないよう取り組む業者が増えています。

不用品を回収してもらう前の業者選びが、なおのこと重要になってきます。選ぶ際、料金が安いだけに目がいっていませんか?このサイト全体が業者選定の目安になれば、望外の喜びです。

不用品さあ回収、いざ回収のその前に、業者選びは慎重に>>

※このサイトは個人が調べた内容をもとに、構成しています。最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご参照ください。

東京エリアよりすぐり不用品回収業者ランキングはこちら!

トップページ
東京の不用品回収業者一覧
ケース別の不用品回収マニュアル
知っておきたい不用品回収の基本
行政の粗大ごみ引き取り
不用品回収と3Rの関係【リサイクルなど】

ページの先頭へ